診療部門のご案内

循環器内科

循環器内科の紹介・対象疾患

循環器内科では、内科的心疾患の診断・治療を行っています。


循環器内科の紹介・対象疾患

循環器内科では狭心症、心筋梗塞や不整脈など、急を要する病気を扱っております。そのため、いつでも循環器内科医師が準備し、急性心筋梗塞の緊急カテーテルインターベンション、不整脈の緊急ペースメーカ植え込みなどに対応しております。また、日野市の中核病院として、年々増加する高齢者の心不全を合併した肺炎などのニーズにも応える診療を行っております。

対象疾患

狭心症、心筋梗塞、心不全、弁膜症、心筋症、先天性心疾患、不整脈、肺塞栓症、高血圧、失神、など

診療詳細

スタッフ

井上宗信、中村岩男、鈴木淳司、松橋智弘、志賀洋史

特色

心臓病の内科的な診断治療を行います。胸痛、動悸、息切れ、呼吸困難、背部痛、浮腫、失神、脈の結滞などの症状から診断し、狭心症、心筋梗塞、心不全、弁膜症、心筋症、心筋炎、心膜炎、不整脈、急性肺塞栓症、大動脈瘤、先天性心疾患、感染性心内膜炎、高血圧、高脂血症などの疾患を治療いたします。月曜日から金曜日の初診は内科・循環器内科共通で受け付けます。毎日午前中の循環器外来および救急診療を受け付けます。当院の内科系救急外来の主軸として救急を断らない診療を行い、休日夜間は24時間循環器内科オンコールで対応します。診療は慶応義塾大学病院および関連病院で循環器内科の教育を受けた医師が対応し、ガイドラインに則った標準的治療を心懸けております。一般救急診療を兼ねているためBLS/ACLSの教育訓練にも精通したスタッフが揃っています。
急性心筋梗塞や不安定狭心症の緊急カテーテル治療、ペースメーカ植え込みなどの手術的治療を積極的に行い成績も良好です。中規模病院として一件一件に丁寧な治療を心懸けております。心臓外科手術が必要な数%の症例は、全国有数の外科施設をご希望により紹介しています。不整脈や心不全の緊急治療を行い、カテーテルアブレーションや植込み型除細動器および心臓再同期療法の症例は大学病院などの不整脈専門施設を紹介しております。急性の大動脈解離や大動脈瘤などは手術治療と関連が深いため、多くの例で他施設心臓外科、血管外科を 紹介しています。閉塞性動脈硬化症や下股静脈瘤などは、当院血管外科で診療しています。本院では市民病院の性格上、心臓病だけでなく、肺炎、脱水、食欲不振、腎臓病などの一般内科的疾患も循環器内科で総合的に診療し、治療を行っております。

専門外来

永久ペースメーカー外来

原則として毎月第2、第4週の午後に予約診療を行ないます。
永久ペースメーカー植え込み後のフォローをします。