診療部門のご案内

内科

内科の紹介・対象疾患

一般的な内科疾患をはじめ、消化器内科、呼吸器内科、腎臓・高血圧・内分泌、糖尿病、血液内科、膠原病、神経内科の疾患に対応しています。


消化器内科

各種の消化管および肝胆膵疾患を対象として診断・治療を行っています。
内視鏡を使った治療にも積極的に取り組んでおり、食道静脈瘤の硬化療法・結さつ療法、腫瘍性病変に対する内視鏡的粘膜切除術、消化管出血に対する止血術、総胆管結石除去術、胆道ドレナージ術、胃ろう造設術などを行っています。
潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法、C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法、胃十二指腸潰瘍におけるピロリ菌の除菌療法、消化器悪性腫瘍に対する化学療法なども積極的に行っています。
当院での診療が困難な場合には、慶応義塾大学病院および関連施設と連絡を取り合い、最善の対応を目指しています。


対象疾患

逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、消化管悪性腫瘍、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病など)、腸閉塞、 急性・慢性肝炎、非アルコール性脂肪性肝炎、肝硬変、肝癌、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、急性・慢性膵炎、膵癌、胆嚢炎、胆石症、胆道癌、総胆管結石、など

呼吸器内科

当院では呼吸器疾患全般の診療を幅広く行なっています。また、当院で実施できない呼吸器外科手術、胸腔鏡下肺・胸膜生険、肺がん放射線治療などは近隣の病院との連携をとり円滑に紹介を進めています。高分解能CT、肺機能検査、気管支内視鏡などを用いた正確な診断、患者さんへの十分な病状説明と同意のうえで最適の医療を行えるように努めています。

対象疾患

肺がん、呼吸器感染症、肺気腫、気管支喘息、間質性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群など

腎臓内分泌代謝内科

慶應義塾大学からのスタッフ派遣、医療連携、医学部6年生の教育を行うとともに、当院単独の研修システムで若手医師を受け入れて腎臓内科医を独自に育成しております。

対象疾患

1.腎臓病
・慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性腎不全、慢性腎不全
2.内分泌疾患
・甲状腺疾患、副腎疾患
3.代謝疾患
・糖尿病、メタボリックシンドローム、高脂血症
4.高血圧
・上記4疾患を主体に診療をしています。
対象症状

尿量が多い、尿量が少ない、尿がでない、血尿 、蛋白尿、足のむくみ、口渇、肥満、多尿、血糖値が高い、るいそう、乳汁分泌、甲状腺が腫れている、低血糖、発汗異常、血圧が高い、など

主要な検査

一般血液・尿検査、各種ホルモン負荷検査、糖負荷試験、画像検査:超音波検査(腹部、頚動脈、甲状腺エコー)、脈派伝播速度検査、CT、MRI、血管造影、腎生検検査

特徴
1.腎臓病について
腎炎やネフローゼ症候群に対して腎生検による診断や、免疫抑制剤を用いた積極的な治療を行っております。IgA腎症の患者さんには、耳鼻科に扁桃腺摘出手術を依頼しております。
腎不全治療といて、血液透析、腹膜透析、血液浄化法を行っております。看護師が“腎臓病教室”を行い、患者さんに腎不全治療について説明をしております。
2.内分泌疾患について
副腎疾患は、副腎偶発腫瘍、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫などの診療が中心です。原発性アルドステロン症は、慶應義塾大学腎臓内分泌代謝内科と連携して診療をしております(地域連携クリニカルパス)。
甲状腺疾患は、バセドウ病、慢性甲状腺炎を中心に診療をしております。腫瘍性の病気は当院の外科に紹介します。
3.糖尿病について
多種職による“チーム医療”を行っています。内科・眼科の医師および栄養士、看護師、薬剤師、理学療法士、歯科衛生士がチームとなり、シリーズで、“糖尿病教室”を開催しています。
糖尿病腎症の方には、栄養士と専門の看護師が協同して“透析予防の生活指導”を行っております。
4.高血圧について

が効きにくい治療抵抗性高血圧、重症の高血圧、2次性高血圧といわれる原発性アルドステロン症、腎血管性高血圧、褐色細胞腫の診療を中心に行っています。
原発性アルドステロン症については慶應義塾大学と医療連携を行っております。
3種類以上の血圧の薬を飲んでも、血圧のコントロールが悪い“治療抵抗性”の方は、一度内科を受診してください。
1.慢性腎臓病(CKD)診療の地域での取り組み:CKD地域連携パスについて
慢性腎臓病(CKD)とは?
CKD(慢性腎臓病)とは、腎臓の障害(蛋白尿など)、もしくは血液検査でeGFR(糸球体濾過量)が60 mL/分/1.73m2 未満の腎機能低下が3 カ月以上持続する状態です。
わが国の CKD 患者さんは 1,330 万人に達しているといわれています。成人の 8 人に 1 人が CKDであり、CKD は 21 世紀に出現した新たな国民病です。CKDは進行すると腎不全となり透析療法が必要になります。
なぜ慢性腎臓病(CKD)なのか?
・日本で、透析患者が増加しており社会問題になっています
・糖尿病、高血圧などの生活習慣病が原因でCKDになる人が多い
・CKD は、心筋梗塞や脳卒中になる危険が多く、国民の健康を脅かしています
慢性腎臓病(CKD)の地域連携パスについて
日野市には、推定でおよそ2万人ものCKD患者がおります。このように多くの CKD 患者さんの診療は、当院の腎臓専門医のみではできません。そこで、かかりつけ医との連携が必要となります。
当院では、日野医師会と継続的に勉強会を行い地域での慢性腎臓病(CKD)の診療の分担に取り組み、CKDの地域連携パスが動いております。「CKD地域連携パスの流れ」をご参照ください。
腎臓病患者をご紹介いただければ、以下の流れで診療を行います。患者様への説明には、患者用のパスをご利用ください。
2.原発性アルドステロン症(PA):慶應大学日野市立病院連携パスについて

原発性アルドステロン症は、高血圧の5〜15%に認められます。治療抵抗性の高血圧であり、心臓病や脳卒中になる危険が高い病気です。診断されずに、適切な治療を受けていない場合があり、その診断と治療には専門性が求められております。
そこで、当院では、かかりつけ医、日野市立病院、慶應義塾大学病院腎臓内分泌代謝内科と連携して、重複のない診療を行い、効率的で適切な診断と治療を行う連携パスを運用しております。このパスは、当院で始まったものです。複数の慶應大学関連病院でも、この連携パスが稼働し始めております。

糖尿病

他科と連携して糖尿病の教育、治療、合併症の管理を行っています。
生活習慣を改善するためには、糖尿病の知識を身につける必要があります。当院では、内科医および栄養士、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師、歯科衛生士がチームとなり、水曜日の夕方4時から約1時間、計5回のシリーズで、糖尿病教室を開催しています。
眼の合併症である網膜症には眼科でレーザー治療、腎臓の合併症である腎不全には透析、さらに心臓の合併症である虚血性心疾患には循環器内科で心臓カテーテル検査をそれぞれ受けていただくことが可能です。また、治療が落ち着きましたら、近くの開業の先生ご紹介もさせていただいています。

血液内科(専門外来)

杏林大学血液内科助教授および慶應義塾大学血液内科の専門医師が、各種血液疾患の診断と治療を行います。当院での診療が困難になった場合には、杏林大学病院、慶応義塾大学病院と連携をとりつつ、転院しての診療も可能です。

対象疾患

貧血、血小板減少症、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、など

膠原病科 (専門外来)

慶應義塾大学病院のリウマチ内科の医師が、各種膠原病の診断と治療を行います。必要に応じて東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターと連携をとり、柔軟な対応を心がけています。

対象疾患

慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、リウマチ熱、強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、多発性動脈炎、成人発症スティル病、ベーチェット病、など

神経内科(専門外来)

杏林大学講師の宮崎医師、非常勤の高橋医師、慶應義塾大学神経内科の関医師が、各種神経疾患の診断と治療を行います。

対象疾患

パーキンソン病、多系統萎縮症、アルツハイマー病、重症筋無力症、進行性筋ジストロフィー、ギランバレー症候群、片頭痛、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、ミトコンドリア脳筋症、など

診療詳細

腎臓内科(透析室)
スタッフ

村上円人、荒木崇志、神戸香織、重原理宏

特色

腎疾患全般の初期から尿毒症にいたる診断と治療、高血圧の診断と治療、腎臓病・膠原病・多臓器障害に対する血液浄化法が中心である。腎疾患には腎生検を行い、慶應大学病理学教室の協力で、全例、光顕、免疫染色、電子顕鏡的診断を行い、クリニカルパスによる治療を行っている。地域の中核病院として血液透析や腹膜透析の導入、透析患者の合併症の入院治療を中心に行っている。

症例数・治療・成績

(2010年度) 外来患者数は月間約1000人、年間入院患者数は約300人。

  • 腎生検数は約27例。IgA腎症は、ステロイドパルス療法、免疫抑制剤、扁桃摘出術を病期に応じて施行している。難治性ネフローゼ症候群や膠原病よる腎炎には、免疫抑制剤の投与に加えて、血液浄化法も併用している。
  • 血液透析導入患者は35人、腹膜透析導入は2人。腹膜透析患者はおよそ20人。内シャント手術は47件。
  • チーム医療:透析療法技術認定士は6人。腎代替療法の療法選択に関して看護師による腎臓病教室を木曜日に行っている。病棟看護師は、多種職カンファレンスを行い円滑な退院支援をめざしている。
  • 日野医師会と定期的に勉強会を行い地域での慢性腎臓病の機能分担(CKD地域連携パス)をすすめている。
  • 高血圧は、心血管イベントの回避を目的に適切な生活指導と薬物療法を行っている。二次性高血圧(腎血管性高血圧、 原発性アルドステロン症、褐色細胞腫など)を専門としている。原発性アルドステロン症に関しては、慶應大学病院・
    日野市立病院連携パスを構築し運用している
  • 血液浄化法は年間のべ157回。内科がチーム医療で運営されており、各専門医と共同し、透析室主導で血液浄化法を24時間体制で行っている。敗血症ショック、劇症肝炎、重症膵炎、潰瘍性大腸炎、膠原病、骨髄腫、難治性ネフローゼ症 候群を対象に血漿交換、持続緩徐式血液濾過、エンドトキシン吸着、LDL吸着療法、L-CAP療法などを行っている。
糖尿病

糖尿病でインスリン療法中の患者の治療成績(2009年5月から7月の集計)
当院に通院している糖尿病患者のうち、インスリン療法を行っている患者数と治療成績を2009年の5月から7月に調査し集計しました。総患者数は276人。治療内容と血糖コントロールの結果は、以下の結果でした。

  患者数(人)  平均HbA1c(%)
基礎インスリン療法 22 7.3±1.3
混合製剤 125 7.4±1.3
強化インスリン療法 129 7.6±1.6
総数 276 7.5±1.6

平均値±SD

呼吸器内科
概要

呼吸器疾患全般を対象としています。持続的な咳や痰、血痰、息切れ(呼吸困難)などの症状や胸部X線撮影やCTスキャンで発見された異常のために初めて受診される方が多いです。

特長
  • 肺結核の入院治療を除く呼吸器疾患全般を対象としています。
  • 近隣の病院の呼吸器専門医(外科、内科)、放射線科治療医との連携をとり、円滑に診断治療を行います。
  • 外来化学療法室(通院治療室)の積極的な活用を行っています。
検査
  • 画像検査(胸部X線撮影、胸部CT、胸部MRI) 気管支鏡(ファイバースコープ)経皮的肺生検(CT・超音波ガイド下)安静時肺機能検査(肺活量 などの計測)
各疾患について

気管支喘息、肺気腫(COPD)、肺炎、肺結核などは標準的な診断治療(ガイドライン)がほぼ国際的に確立されています。これに基づき診療をします。 間質性肺炎、膠原病による肺疾患、肺癌など、いまだに診断も治療も難しい疾患が多くあります。高分解能CT、気管支鏡などを用いて、まずは可能な限り正確な診断に努めています。その上で、各々の患者さん状態に最善と考えられる治療をお勧めしています。
肺癌診療については、近隣の呼吸器外科医・呼吸器内科医放射線科医との密接な協力関係のもと、肺癌患者さんの診療に真摯に当たっています。CTおよび必要に応じてMRIやPET検査(他院に依頼)を追加した画像診断をもとに、気管支鏡検査、CTガイド下針生検(放射線科医師、スタッフの協力による)などによる診断アプローチを行っています。立川共済病院において合同症例検討会を行い、治療法を決定します。 内科としての抗がん剤治療を中心に行っています。進行例に対しては、充分な病状説明の上で標準的な化学療法を、適応例については手術、放射線療法を含めた集学的治療をそれぞれ提案し、ご本人・ご家族が充分納得された上での治療開始を心がけています。必要に応じて、他の専門的施設へのご紹介も行っています。手術症例、特に肺癌に関しては、共済立川病院外科(呼吸器外科)の先生にお願いすることが多いです。放射線治療に関しては、共済立川病院放射線科の先生に、脳転移に対するガンマナイフ治療に関しては、野猿峠脳神経外科病院の先生にお願いすることが多いです。癌患者さんが家で過ごせる期間を長くするためにはQOLを重視した緩和医療と並び、外来での化学療法が重要です。重症の合併症がなく、通院可能な患者さんにおいては外来での抗癌剤投与を行っています。

消化器内科
概要

各種の炎症性疾患や腫瘍性疾患など消化器疾患全般を対象としています。
内視鏡を用いた診断・治療、悪性腫瘍に対する化学療法などに積極的に取り組んでいます。

特長

各種の炎症性疾患や腫瘍性疾患など消化器疾患全般を対象としています。
内視鏡を用いた診断・治療、悪性腫瘍に対する化学療法などに積極的に取り組んでいます。

検査

各種内視鏡検査(上部消化管・下部消化管・内視鏡的逆行性膵胆道造影)・画像検査(腹部エコー・腹部CT・腹部MRI・腹部血管造影)を行っています。

各疾患について

消化管疾患では消化性潰瘍の内視鏡的止血術、食道静脈瘤の硬化療法・結紮術、早期癌の内視鏡的粘膜切除術などを行っています。
炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎やクローン病の診療も行っています。透析室と協力して潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法にも対応しています。
経口摂取困難例に対する内視鏡的胃瘻造設術も適応を慎重に判断しつつ行っています。
胆道系疾患に関しては総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開切石術、悪性胆道狭窄に対する胆道ステント留置術などを施行しています。
C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法も行っています。
胃癌、膵癌、大腸癌を中心とした消化器悪性腫瘍に対する外来化学療法も積極的に行っています。

専門外来

慶應義塾大学や杏林大学などで活躍されている医師による専門的な診療を行っています。
内科専門外来は以下の6診療科になります。すべて完全予約制です。

膠原病外来
治療概要 慶應義塾大学のリウマチ内科の医師(非常勤)が、関節リウマチをはじめとする膠原病の診断と治療を行います。 
対象疾患 慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、リウマチ熱、強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、多発性動脈炎、成人発症スティル病、ベーチェット病など
治療方法 非ステロイド性抗炎症薬、抗リウマチ薬、ステロイド薬などによる薬物治療を行います。
予約方法 完全予約制です。
当院一般内科を受診し、次回より膠原病外来受診となります。
日時・場所 毎週木曜日 9:00~11:30 14:00~15:00 1階内科
毎週火曜日 13:30~16:30 1階内科
神経内科外来
治療概要 慶應義塾大学の神経内科医師、杏林大学第一内科講師の宮崎泰医師、高橋医師が、各種神経疾患の診断と治療を行います。
対象疾患 パーキンソン病、多系統萎縮症、アルツハイマー病、重症筋無力症、進行性筋ジストロフィー、ギランバレー症候群、片頭痛、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、ミトコンドリア脳筋症など
予約方法 完全予約制です。
当院一般内科を受診し、次回より神経内科外来受診となります。
日時・場所 宮崎医師:毎週木曜日 14:00~15:00 1階内科
高橋医師:毎週木曜日 9:00~11:30 1階内科
馬島医師:毎週水曜日 10:00~15:00 1階内科
血液外来
治療概要 杏林大学の血液内科教授が、血液疾患の診断と治療を行います。
対象疾患 血液疾患
治療方法 血液および骨髄検査などの専門的な治療を行います。
予約方法 完全予約制です。
当院一般内科を受診し、次回より糖尿病外来受診となります。
日時・場所 毎週金曜日 9:00~11:30 1階内科
糖尿病外来
治療概要 慶應義塾大学内分泌代謝科の糖尿病専門医(非常勤)が、糖尿病の診断と治療を行います。
対象疾患 糖尿病
治療方法 生活指導、食事療法、薬物治療、合併症の管理の統括を行います。
予約方法 完全予約制です。
当院一般内科を受診し、次回より呼吸器外来受診となります。
日時・場所 毎週金曜日 9:00~11:30 1階内科
呼吸器外来
治療概要 慶應義塾大学病院呼吸器科の呼吸器専門医(非常勤)が、各種呼吸器疾患の診断と治療を行います。
対象疾患 肺結核を除く呼吸器疾患全般。肺癌を中心とした呼吸器系悪性腫瘍、肺炎、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、間質性肺疾患、種々の原因による呼吸不全など
予約方法 完全予約制です。
当院一般内科を受診し、次回より呼吸器外来受診となります。
日時・場所 毎週金曜日 14:00~15:00 1階内科
腎臓内分泌外来
治療概要 腎臓病や生活習慣病、副腎疾患、甲状腺疾患の専門的な診療を行います。
対象疾患 腎臓病、高血圧、糖尿病、副腎疾患、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病)
予約方法 完全予約制です。
当院一般内科を受診し、次回より腎臓内分泌外来受診となります。
日時・場所 毎週火曜日 13:00~17:00 1階内科