診療部門のご案内

整形外科

変形性膝関節症

疾患概要

膝関節は大腿骨、脛骨、膝蓋骨の3つの骨から形成されています。それらの骨同士が靭帯や筋肉、関節包、滑膜などで接続され複雑な運動を制御しています。また体重を支持するために緩衝材として軟骨や半月板などが存在します。変形性膝関節症とは、膝の衝撃緩衝装置である軟骨や半月板がさまざまな原因で損傷することで起こります。60代以上の中高年者に多く発生し、歩行や立ち上がり、階段昇降などの日常生活動作の疼痛の原因となります。潜在的な患者数は日本人で3000万人とされ、有症状者はおよそ1000万人と推測されています。原因としては、主には加齢による変性とされますが、スポーツなどによる外傷によって起こる場合や関節リウマチ、骨壊死症などの疾患などで生じることもあります。

・診断
診断は臨床経過や膝の変形、腫脹、疼痛部位などの診察所見のほか、単純レントゲンやMRIなどの画像を用いて行います。より早期に正確な診断を行うために、荷重時やストレス下での撮影などを追加しています。

術前膝レントゲン画像

・治療
初期の段階では、痛み止めの内服やリハビリ、ヒアルロン酸の関節内注射など保存治療を行います。軟骨の摩耗が進行し、中期~進行期の患者様では手術加療を検討します。手術方法は患者様の活動性や年齢、進行度合いによって選択します。