診療部門のご案内

日野市立病院ホームページトップ > 診療部門のご案内 > 整形外科 > 人工膝関節置換術について

整形外科

人工膝関節置換術について

人工関節部分置換術

レントゲン撮影にて進行した変形性関節症を認める場合は人工関節を適応としております。人工関節は摩耗した軟骨や骨を金属やポリエチレンなどで置換します。関節内には永久に留置する人工物が残ります。部分置換術では傷んだ部位のみを置換し、膝関節の靭帯を温存することが可能です。早期に社会復帰を目指す方や術後も運動を希望される方(衝撃の少ない運動)などが良い適応です。なるべく自家組織を温存する為に、違和感が少ない人工関節膝を目指します。置換する部位は一般的に膝内側が多いですが、外側を置換することも可能です。入院期間はおよそ2週間を目安とします。

内側型部分置換術
外側型部分置換術
人工関節全置換術

術前のレントゲン撮影でさらに進行した変形を認める場合は人工関節全置換術を適応とします。人工関節は摩耗した軟骨や骨を金属やポリエチレンなどで置換します。関節内には永久に留置する人工物が残ります。全置換術では膝の十字靭帯の一部を切離することが基本ですが、当院では術前のストレス撮影やMRI画像から温存できる靭帯を判断し、靭帯温存型の置換術を積極的に行っております。靭帯を温存することにより、術後の安定性や耐久性に良い影響を得ることができます。また、靭帯周囲には膝固有感覚が存在し、人工関節術後の違和感を軽減する可能性があると考えられています。当院の人工関節手術の特徴としては、ナビゲーションの使用や3Dテンプレートソフトによる3次元評価骨形態評価などを行っています。これらの技術により術中の正確なインプラント設置と、健常時の骨形態を参考にした人工関節置換を目指しています。入院期間はおよそ3週間を目安とします。

膝関節靭帯と人工膝関節置換術
十字靭帯を切離した人工膝関節
十字靭帯を温存した人工膝関節
術前3Dテンプレーティング作業