診療部門のご案内

整形外科

頚椎椎間板ヘルニア

①疾患概要
腰椎椎間板ヘルニアと同様に、椎間板と呼ばれる軟骨組織が神経の通り道に突出して神経を圧迫することにより、頚部から上肢にかけて疼痛やしびれが出現する疾患です。青壮年期に好発します。

②治療
治療の基本は頚椎カラーなどによる頚椎の安静、投薬、理学療法などの保存治療になりますが、保存療法が無効な場合は手術が必要になります。手術は、ヘルニアの数や突出した方向によって、頚椎椎間孔拡大ヘルニア摘出術、頚椎後方脊柱管拡大術、頚椎前方固定術、頚椎人工椎間板置換術の中から術式を決定しますが、ヘルニアが1-2か所で左右どちらかに局在している場合は、出来る限り侵襲が少なく早期社会復帰が可能な頚椎椎間孔拡大ヘルニア摘出術を選択するようにしています。またヘルニアが1か所でも正中に突出している場合は、前方からヘルニアを摘出する頚椎前方固定術や頚椎人工椎間板置換術が必要になります。入院期間は約2週間です。

ヘルニアが左右どちらかに局在している場合(赤)は、後方から頚椎に穴を開けてヘルニアを摘出します(青)。

ヘルニアが左右どちらかに局在している場合(赤)は、後方から頚椎に穴を開けてヘルニアを摘出します(青)。

ヘルニアが正中に突出している場合(赤)は、前方正中からヘルニアを摘出し(青)、固定術を併用します。

ヘルニアが正中に突出している場合(赤)は、前方正中からヘルニアを摘出し(青)、固定術を併用します。