診療部門のご案内

整形外科

頚椎症性脊髄症

①疾患概要
骨の変形や椎間板の突出などによって脊髄の通り道が狭窄し、神経が圧迫されることで、手足がしびれたり、動きが悪くなって物を落としたり、箸の使いが不自由になったり、歩きにくくなったりする疾患です。中年期以降に好発します。

②治療
初期治療は投薬や理学療法などの保存治療になりますが、日常生活に支障があるような手指の運動障害や、階段昇降に手すりが必要などの歩行障害が出現しいた場合には、手術治療が選択されます。手術は、後方から頚椎の屋根にあたる椎弓という部分を一部切離して扉を開くように上へ持ち上げることで脊髄の居場所を拡大する頚椎脊柱管拡大術(片開き式脊柱管拡大術)を行っています。入院期間は約2週間です。