診療部門のご案内

整形外科

頚椎後縦靭帯骨化症

①疾患概要
背骨を構成する椎体の後ろに存在する後縦靭帯と呼ばれる部位が骨になってしまい、脊髄の通り道が狭窄して神経を圧迫することで、頚椎症性脊髄症と同様の症状を呈する疾患です。難病指定を受けている病気の一つであり、早期治療が重要です。

骨化した後縦靭帯(青)が神経の通り道を占拠し脊髄を圧迫している。

骨化した後縦靭帯(青)が神経の通り道を占拠し脊髄を圧迫している。

②治療
初期治療は投薬や理学療法などの保存治療になりますが、進行性の手指運動障害や歩行障害が出現しいた場合には、早期の手術治療が必要になります。手術は基本的に、頚椎症性脊髄症と同様の頚椎脊柱管拡大術(片開き式脊柱管拡大術)を行っています。入院期間は約2週間です。