診療部門のご案内

整形外科

上腕骨近位端骨折

①疾患概要
上腕骨の上方部を上腕骨近位端と呼び、肩関節を構成している部分です。転倒し手をついたときに骨折しやすい部位であり、複雑な変形を起こしやすい部位です。変形を残したままでは、肩関節の機能に大きな障害が残ることが多いです。

②治療
基本的には肩関節は許容範囲の大きな関節ですので、手術は避け保存療法で治療することが原則ですが、ズレ・変形が大きなときには手術を行います。骨折の状況により手術法を選択します。

・観血的整復固定術
骨折部のズレを矯正し、プレートやスクリューで固定します。

・人工骨頭置換術
骨折部の粉砕が強い場合には、将来的に骨頭壊死の可能性が高いため、人工の骨頭を設置する必要があります。