診療部門のご案内

泌尿器科のご案内

泌尿器科の紹介・対象疾患

腎臓、尿管、膀胱などの尿路系疾患などに生じる病気の診断・治療を行っています。
個々の患者様にあった治療を提案し、合併症が起こらないことを念頭においた医療に努めております。


泌尿器科

泌尿器科は、腎臓、尿管、膀胱などの尿路系疾患や前立腺、精巣、副腎疾患などが対象です。排尿困難、頻尿、尿漏れなどの排尿障害や血尿などの症状があります。尿潜血から腎臓や膀胱の癌が見つかることもありますので、おかしいと感じた時は早めに受診してください。
検査方法は、検尿、超音波検査、内視鏡検査、経静脈性尿路造影法、尿流測定法、膀胱内圧測定法、CT、MRI、などです。痛みが予想される検査には鎮痛剤や麻酔剤を用いています。前立腺生検は下半身麻酔下で行います。
治療方法は、前立腺癌は手術、放射線療法、薬剤を用いた内分泌療法がありますが、それぞれの患者様にあった治療をお勧めしております。腎結石など尿路結石症の治療は、体外衝撃波破砕術や内視鏡治療などを行っています。膀胱癌はほとんどが経尿道的手術で治療できます。膀胱全摘除が必要な人は少数です。前立腺肥大症の手術は経尿道的切除術を行っています。
当科では世界的に認められている標準的な検査、治療(手術)を行っており、試験的なことはしておりません。個々の患者様にあった”オーダーメイド”の治療を提案し合併症が起こらないことを念頭においた医療に努めております。

対象疾患

腎癌、腎盂癌、尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、陰茎癌、精巣腫瘍、副腎癌、尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、精巣上体炎、前立腺炎)、尿路結石症、排尿困難、頻尿、尿漏れ、性感染症、副腎腫瘍、先天性疾患、前立腺肥大症、神経因性膀胱、間質性膀胱炎、勃起障害、射精障害、など