診療部門のご案内

日野市立病院ホームページトップ > 診療部門のご案内 > 診療技術部 > 臨床検査科

  • 日野市立病院は日本医療機能評価機構認定病院です。

臨床検査科

概要

臨床検査科は診療で病気の診断や治療効果の把握のための情報を、高い精度でかつ迅速に提供できることをも目標として運営しています。その目標達成のため次の「運営方針」を掲げ実践を心がけ、日々の業務に邁進しています。

1.高精度かつ迅速な検査結果を提供するよう努力します
2.患者様には真心を持って接し、信頼される行動をとります
3.チーム医療の一翼を担い、協調を旨とし知識の向上に励みます。

スタッフ

荒木崇志臨床検査科担当部長(医師)の指導監督のもと、17名の臨床検査技師で以下の部門の検査にあたります。

部門構成

検体検査
一般検査

一般検査では尿や便、体腔液(関節液、髄液、胸水、腹水など)について検査を行なっています。
自動分析装置によって尿中の成分(糖、蛋白など)の測定を行い、細胞の観察をしています。便検査では便の中に潜む血液(便潜血)の検出によって消化管での出血の有無を推測出来ます。また寄生虫の検査も行なっています。
体腔液は自動分析装置によって成分を測定し、細胞の観察を行なっています。

血液検査

血液検査は静脈血中の白血球、赤血球、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット(血液中の赤血球容積)、血小板数を自動分析装置で測定しています。さらに顕微鏡で血液中の細胞の分類や形態を観察しています。これらから貧血の有無や血液疾患、感染症などを推測することが出来ます。
また、骨髄(血液を作っているところ)から採取された骨髄液を検査することで血液疾患を診断することが出来ます。
血液凝固検査は止血機能の検査を行なっています。血栓症のワーファリンやヘパリン治療の経過観察にも必要な検査で、自動分析装置によって測定しています。

生化学検査

血液中には臓器由来の様々な成分が存在しています。生化学検査はその成分を測定することで間接的に臓器の機能や状態、治療の効果を推測することが出来ます。
現在は一般的な生化学検査に加えて治療薬の血中濃度なども測定しています。

免疫血清検査

免疫検査では主に血液での感染症(B型・C型肝炎、HIV、梅毒)について測定しています。また、ホルモンや腫瘍マーカー(腫瘍が持つタンパク質)を測定しています。

  • (免疫血清検査と生化学検査を連結した測定装置)(免疫血清検査と生化学検査を連結した測定装置)
輸血検査

安全な輸血療法を行なうため、各種検査、血液製剤・アルブミン製剤の管理を行なっています。24時間体制で対応し、患者様に適合した血液製剤を提供できるようにしています。また、血液製剤・アルブミン製剤の保管・使用状況・使用製剤番号の20年間の保管等の管理も行なっています。

細菌検査
細菌検査とは

細菌検査は大きく分けて2つの目的があります。
患者様の病気の原因となる細菌やウイルスを探し出す事と、感染症の原因菌や薬剤耐性菌を他の患者様にうつさない様に、院内感染対策への活動協力を行う事です。
当院細菌検査室は、平成24年1月1日に日本臨床微生物学会より『認定臨床微生物検査技師制度 研修施設認定』を取得し、学術的および技術的に院内感染対策に貢献していま す。

細菌検査室の内容

検査に使用する材料には様々なものがあり、肺炎症状のある時は喀痰、下痢症状がある
時は便、傷口からは膿・・・身体から出るモノは全て検査材料となります。
その検査材料は、必要に応じて下記の3つの検査が行われます。

(1)塗抹検査
細菌は肉眼では見えないため、スライドグラスに塗り、染色(グラム染色)をして顕微鏡で観察します。
菌の有無・量・形などを観察し、場合により菌名の推定などをします。
(2)培養・同定検査
細菌を肉眼で観察できるように、数種類の培地を使用して35℃で一晩培養し、発育した細菌の種類を調べます。
(3)薬剤感受性検査
培養で見つかった細菌のうち、感染症の原因となっていると思われる細菌にどの種類の抗菌薬が効くか調べます。
その他

迅速検査としてインフルエンザウイルス、アデノウイルス、ロタウイルス、RSウイルス、ノロウイルス等の抗原検査も行っています。

病理検査
非常勤医(病理医) 3名
臨床検査技師(細胞検査士) 3名

病理診断は適切な治療のため、患者様の身体より採取された病変の組織や細胞を顕微鏡で観察し診断する事です。病理検査室で行われる業務には細胞診断、組織診断、術中迅速診断、病理解剖があります。

細胞診断

痰や尿に含まれる細胞が腫瘍性か炎症性か、また、良・悪性の判定等を行います。検体採取による苦痛が少ないため検診にも用いられ、診断の第一歩としての役割を果たしています。

組織診断

胃カメラや手術で採取された病変の良悪や種類、性質等を調べます。悪性であれば完全に取りきれているか、リンパ節転移の有無、どのような治療薬が効果的かなども調べています。

術中迅速診断

手術中に行う病理診断で、術式の変更や切除範囲の決定を目的に行われます。

病理解剖

死体解剖保存法に基づき、ご遺族の承諾のもとにご遺体を解剖し、臨床診断が正しかったか、治療効果の判定、死因の解明、合併症や偶発病変などの発見を目的に行います。
病理診断は治療方針の選択に大きく関わるため、とても重要な役割を担っており、慎重かつ正確な診断が要求されます。
画像診断や臨床診断との整合性がとれている事が重要であり、当検査室では定期的に病理カンファレンスを開き臨床医との連携に努めています。

生理検査

生理検査室では、種々の検査機器を用いて患者様からの生体情報を収集・解析し、臨床診断に必要な情報を得る検査を行っています。

心電図検査

不整脈・心筋梗塞・狭心症など、心臓の病気を評価します。検査種類は12誘導心電図、加算平均心電図、運動負荷心電図(マスター2階段、トレッドミル)、ホルター心電図(24時間心電図)、携帯型発作時記録心電図などがあります。

心臓超音波検査・経食道心臓超音波検査

超音波を使い、心臓の大きさ、動き、心臓の筋肉や弁の状態、血液の流れなどを観察し評価します。心筋梗塞、弁膜症、心筋症、先天性疾患など、あらゆる心疾患を評価します。

呼吸機能検査

口から出入りする空気の量やガスの質を分析して、肺の機能を評価します。検査内容は肺活量、努力性肺活量、機能的残気量、肺拡散能力、クロージングボリームなどがあります。

脳波検査

脳の電気的な活動状態を頭の表面から記録する検査です。てんかん、けいれん、意識消失、脳梗塞などを評価します。

神経伝導検査

手足の神経に電気刺激を与えて、その刺激が神経を伝わる速度を測定します。神経の障害の有無、程度、部位などを評価します。

筋電図検査

筋肉の電気的活動を直接記録し、神経や筋肉の機能を評価します。

聴性脳幹反応

音を聴いて脳に伝わる過程を検査します。難聴や脳幹障害などを評価します。

血圧脈波検査

動脈硬化の程度や、血管の狭窄・閉塞などを評価します。

皮膚灌流圧検査

足先の末梢の血液の流れを測定し評価します。

尿素呼気試験

胃・十二指腸潰瘍、胃癌と深く関わりのあるピロリ菌を調べる検査で、検査薬(13C-尿素)を服用し、服用前後の呼気を集めて評価します。

終夜睡眠ポリグラフィー検査・携帯型睡眠無呼吸検査

夜間どのような睡眠をとっているのかを全体的に見る検査です。睡眠時無呼吸症候群、睡眠障害の評価をします。

  • 心電図記録装置心電図記録装置
  • 心臓超音波装置心臓超音波装置
  • 呼吸機能検査装置呼吸機能検査装置
  • 脳波記録装置脳波記録装置