診療部門のご案内

  • 日野市立病院は日本医療機能評価機構認定病院です。

薬剤科

薬剤科の紹介

薬剤師は薬の専門家として、医師、看護師、栄養士、検査技師等と連携し、薬に関する業務に責任を負い、患者様が使用される薬の用法、用量、相互作用、重複投与などを確認しています。特に抗がん剤など注意を要する薬は薬歴や治療計画のチェックを行い有効性・安全性の確保を図っています。また、チーム医療の一員として、薬の安全管理・適正使用、栄養管理、感染防止対策、糖尿病教室など、薬物療法の面からサポートしています。以下に本院薬剤師の主な業務・役割を紹介します。

病棟服薬指導

病棟毎に担当の薬剤師がおり、入院患者様に対して、薬の説明、アレルギー歴の確認、薬の効果・副作用のチェックを行っています。患者様毎の薬歴を作成し、薬の用法・用量、相互作用についても確認しています。また、患者様が持参された薬の名前、用法・用量、持参日数についてチェックし、医師や看護師に情報提供しています。

栄養サポートチームNST(Nutrition Support Team)

NSTは医師・看護師・薬剤師・管理栄養士などのスタッフが知識や技術を出し合い、患者様の栄養状態を総合的に管理する医療チームです。NSTでの薬剤師は栄養に関する薬や点滴の提案、薬の副作用の確認、栄養剤と薬の相互作用の確認を担当しています。薬剤師の視点から栄養管理に関わることで患者様の治療向上につながるように努めています。

院内感染対策チームICT(Infection Control Team)

薬物療法において最適な薬剤を最適な用法・用量に基づいて投与することは、重要なことです。感染症対策の分野では、医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師からなる院内感染対策チームが各職種の専門性を活かした活動をしています。薬剤師は、治療に苦慮する薬剤耐性菌の発生を制御したり、薬物血中濃度解析業務(TDM)による抗菌薬の効果的な使用を推進することで、薬の専門家としての知識を発揮できるように努めています。

褥瘡対策チーム

褥瘡の治療には、原因の除去(徐圧マットレスの使用)や栄養の改善、局所療法や手術などがあります。当院では、皮膚科医師とWOC認定看護師を中心に薬剤師、栄養士、理学療法士、事務職員で褥瘡対策チームを構成し、褥瘡ゼロを目標に週1回の褥瘡回診を行っています。薬剤師は患者様の褥瘡状態に適した薬剤の提案、使用や保管方法についての助言、その他薬剤に関する情報提供や褥瘡マニュアルの作成、院内の職員に向けたセミナーなどで講演を行っています。また、褥瘡対策委員会に参加し、患者様の生活の質(QOL)の向上を目指しています。

糖尿病教室

薬剤部では、チーム医療の一員として、糖尿病教室に参加しており、糖尿病患者様が安全で有効に薬が使用できるようアドバイスをさせていただいています。また、随時、糖尿病療養指導師が中心となり、患者様の相談に応じています。

医薬品管理

医薬品が適正に使用されるよう、関連業者との連携にて、医薬品の購入・各部署への供給・在庫管理・品質管理を行っています。また、法律で規制された麻薬・向精神薬・覚せい剤原料は、看護師の協力のもと、1薬品ごとに厳しい管理を行っています。

医薬品情報管理

患者様の安全を第一に考え、医薬品の適正使用と安全管理を推進するため、厚生労働省、製薬企業,医療関係学会などからの医薬品の最新情報を収集・管理しています。その情報は必要に応じて、副作用や飲み合わせなど、患者様や医師・看護師・医療スタッフのお役に立てる情報として提供しています。また、本院で発生した副作用を厚生労働省へ報告し、副作用情報源への協力も積極的に行っています。

化学療法(抗癌剤)の管理と調製

化学療法はあらかじめ院内で承認された治療法についてのみ投与できるシステムとなっています。これによって安全で有効な治療を提供することができます。抗癌剤の調製は安全キャビネット内で行っており、患者様や医療従事者の被曝防止に細心の注意を払うよう努めています。

高カロリー輸液の無菌調製

病気などで食事が十分に摂れない患者様に投与する高カロリー輸液の調製を行っています。事前に投与量や配合変化などをチェックし、その後無菌設備の中で適切にミキシングを行うことで安全性の高い薬物療法を行うことが可能になります。

製剤業務

患者様の治療において、必要とする薬が製薬会社から市販されていない場合、また、より患者様に合わせた薬が必要な場合、医師の依頼を受けて薬剤部製剤室で調製しています。その場合、必ず他の医療機関での実績や関連文献などをもとに安定性・有効性などを確認し十分な安全性を確保して行っています。

注射薬の調剤

注射薬を適切に品質管理し、医師による処方に基づいて1日ごとに、そして患者様個人毎に、注射箋の内容をチェックし、投与量、投与方法が適正かどうかを確認しています。当院ではオーダリングシステムを使用して、安全に運用できるよう日々努めています。

調剤業務

入院、外来処方せんの調剤を行います。外来では、約93%が院外処方せんとなっているため、主に入院患者様の処方せんの調剤を行っています。薬剤師は、まず処方せんの内容をチェックし用法・用量、併用禁忌などを確認します。また、水剤、散剤、軟膏などの混合の際は、安定性も検討し正確に調剤します。最後に、処方せん通りに調剤されているか最終監査をして患者様の薬を払い出しています。患者様が安心して治療を受けられるよう、正確で安全な調剤を日々心がけています。

院外処方箋の上手な利用について
かかりつけ薬局とは?

調剤してもらう薬局を1か所にすることで、複数の医療機関で薬が処方された場合も、重複投薬や飲み合わせを確認できるなど、より安心した服薬が可能になります。信頼できる「かかりつけ薬局」をもちましょう。

ジェネリック医薬品とは?

厚生労働省が先発医薬品と同等と認めた後発医薬品です。先発品に比べ、飲み易さが改善されていたリ、お薬代の負担が減るなどのメリットがあります。ジェネリックへの変更を希望される場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

院外処方せんの有効期限は?

特に記載がない場合、交付の日を含めて4日以内です。この期間が過ぎると、医療機関で再発行を受けなくてはなりません。有効期限を守りましょう。

診療部門のご案内