看護部紹介

日野市立病院看護部ホームページトップ > 看護部紹介 > 認定看護師紹介

認定看護師紹介

感染管理認定看護師

活動内容・エキスパートをめざした理由

認定看護師とは、その看護分野において熟練した看護技術と知識を用いた実践のできる看護師のことをいいます。病院内で特定の分野に関する、実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献することを役割としています。

私は、感染管理認定看護師として、病院内の医療安全対策を促進するために、2007年に発足した医療安全管理室に所属し、院内感染管理を担当しています。病院内での感染症発生時の早期対応に備え、医師・臨床検査技師・薬剤師・事務職など職種の垣根を超えたチームを作って、病院内外の感染症発生状況の監視、職員への感染予防教育、全職員からの感染対策に関する相談に応じています。また、患者さんをはじめ病院を訪れるすべての人を感染から守り、職員も感染しない環境づくり、安全な医療と安心できる看護の提供を目指して日々活動しています。

「看護師にとって感染対策の知識は必要不可欠だけど難しいことが多い。患者さんの状態や場面ごとに何をしたらいいのかわからない。どんな場面でも間違いのない判断ができるようになりたい。知識を持って働きたい。」という思いから感染対策に興味を持ち、感染管理認定看護師になろうと思いました。感染管理認定看護師となるための専門教育では、基本的な対策の他、感染防止は院内全ての職員が協力しあい取り組むことの重要性や、感染症を起こす様々な病原菌についても学びました。医療安全管理室に所属する現在では、看護師として患者さんに直接に関わる時間は少なくなってしまいましたが、専門教育での学びと日々の感染対策チームでの経験をいかし、細菌検査室で見つけられる病原菌と患者さんと職員と医療環境を繋ぎ合わせたより良い感染対策や看護ケアの提案に努めています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

活動内容・エキスパートをめざした理由

私は、ストーマを持つ患者様と関わるなかで、もっと深い知識や技術を学びたいと思い、地域の自主学習会やストーマリハビリテーション講習会に参加しました。そこで講師をされていた皮膚・排泄ケア認定看護師の先輩方が、院内にとどまらず地域での活動にも力を入れ輝いている姿を見て、憧れを抱き皮膚・排泄ケア認定看護師を目指しました。2010年に念願の皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得しました。

現在は、褥瘡管理者として院内における褥瘡対策、ストーマ造設患者様や失禁のある患者様のケアに携わっています。褥瘡対策では、褥瘡対策委員会の開催、週1回の褥瘡回診を施行、ケア方法や栄養状態改善について検討を行い、病棟スタッフに伝達、指導を行っています。褥瘡発生リスクのある患者様に対しては、病棟訪問を行い予防対策ケアの確認、指導を行っています。スキンケア外来では、褥瘡や離開創、胃瘻周囲の皮膚障害、尿・便失禁による皮膚障害の患者様を対象に創傷ケア、正しいスキンケア方法を指導、失禁用品の紹介や褥瘡予防ケア方法を患者様の生活状況に合わせて指導しています。

ストーマケアでは、ストーマを造設する患者様に術前より関わり術後のケアに繋げ、個々の患者様に合ったケア方法を見出しながら指導を行い、日常生活が手術前の生活に近づけられるように退院後はストーマ外来にて継続した看護を提供しています。その結果、患者様が安定して装具を貼ることができるようになり、患者様の行動に変化(仕事復帰、スポーツの再開、国内・海外旅行)が見られています。自分が行ったケアで患者様が自信を持てるようになったと笑顔で話される瞬間が認定看護師として活動してきてよかったと思う瞬間です。今後も医療チームメンバーの一員として、専門的な役割を担い、専門的知識・技術の研鑽に努めていきます。

がん化学療法看護認定看護師

活動内容・エキスパートをめざした理由

現在の日本では、およそ2人に1人ががんに罹患すると言われています。がんの治療には主に手術・放射線治療・抗がん剤を使用する化学療法があります。なかでも、がん化学療法は身体的・精神的・社会的に苦痛を伴うことが多く、そのような中、長期に渡り治療を継続していかなければなりません。私は、患者さんが少しでも苦痛なく自分の望んだ治療が受けられるための手助けをしたいと思い、2016年にがん化学療法看護認定看護師の資格を取得しました。

私は現在、病棟で勤務し入院中の患者さんへのケアをメインに行っています。今後は、活動の場を広げ、外来で化学療法を実施している患者さんへもよりその人らしく治療が継続できるような関わりを持って生きたいと考えています。内服の抗がん剤が増加し、支持療法が発展してきた今日では、外来で実施できる化学療法が増えてきています。入院せずに外来で実施する外来化学療法は、患者さんは自分の生活と抗がん剤による治療を両立していかなければなりません。今までの生活スタイルに治療をどのように組み込んでいくか、抗がん剤の副作用に対する日常生活上の注意点などを患者さんと共に考えていくことで、患者さんやご家族の支えになりたいと思います。

がん化学療法分野は次々と新規薬剤や治療法が登場するため、常に最新の知識を得ながら自己研鑽していかなければなりません。常に最新の知識をもちながらより良いケアを患者さんやご家族に提供できるよう、自身のレベルアップのみでなく、院内全体のがん化学療法に関する知識・技術のレベルアップに寄与する事が私の役割であり責任であると思っています。

感染管理認定看護師

活動内容・エキスパートをめざした理由

私が感染管理認定看護師になったきっかけは、患者さんやその家族、働く職員に安心と安全を保障したいと考えたからです。正しい感染対策を行い患者さんや家族、病院で働くすべての人を感染から守れるように、感染対策チームの一員として活動を行っています。

現在は内科病棟に勤務し、感染管理の実践モデルとして患者さんを感染から守るために最前線でケアを行っています。すべてのスタッフが、自身の行動が患者に繋がっていることを意識し、正しい感染対策を守れるよう、教育ときめ細かい指導を続けていきたいと考えています。

緩和ケア認定看護師

活動内容・エキスパートをめざした理由

緩和ケアとは、がんと診断された患者さまやそのご家族の身体の苦痛や気持ちのつらさ、生活上の不安などの様々な問題に対応し、自分らしい生活を送ることができるよう支えていくケアです。以前は、緩和ケアというと積極的治療を終えた末期の患者が受けるケアというイメージを持たれることも多くありましたが、このようなケアは、がんと診断されたときから治療と共に受けることができます。

私は今までたくさんの患者さまやご家族と出会い、看護師として悩み、葛藤する日々の中で、もっとがんや緩和ケアについて深く学び、患者さまやご家族の苦痛を和らげ、病気と共に生きる方々の支えになれる自分でありたいと考えるようになりました。そして、2015年に緩和ケア認定看護師の道へと進みました。

現在は、主に6階西病棟に所属して日々の看護に携わりながら、定期的に院内の看護師への研修を実施したり、院内の医療スタッフからの相談に応じたりしています。また、医師や薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカーなどの多くの職種と連携を取り、チームで緩和ケアが提供できるよう調整を行っています。

がんになっても自分らしく過ごせるためにはどうしたらよいか、一緒に考えていきたいと思います。

救急看護認定看護師

活動内容・エキスパートをめざした理由

私は、自分の目指す看護(患者がこの病院を選んで良かった、この看護師に出会えてよかったと思える看護)を実現していく為にも専門的な教育を学び高い実践能力を身につけていきたいと考えていました。救急外来は医療行為が優先されがちな状況で、患者さんはどのような思いを抱いているのか、思いに寄り添った看護は出来ているのだろうか、と思うことが増えてきました。根拠を明確にし、患者、家族にとってよりよい看護提供が出来るようになりたいと思い、救急看護認定看護師の道に進むことを決心し、2016年救急看護認定看護師となる事が出来ました。

救急外来には様々な病態の患者さんが来院されます。生活上の問題によって、健康を維持出来ず、救急搬送される患者さんもいます。そのため来院される患者さんの病態、また生活のアセスメントをして、生活上の問題も見逃さないようにすることを大事にしていきたいと考えています。来院された患者さんのニーズを把握し、安全な看護が提供できるように、院内外と連携を図り、チーム医療を円滑に行えるように活動をしていきます。そして、急な事故や病気で来院する患者さん・ご家族の不安や苦痛を最小限に出来るように、救急領域における看護実践・指導・相談を通してスタッフ育成をしていきたいと考えています。

糖尿病看護認定看護師

活動内容・エキスパートをめざした理由

糖尿病を持つ人を「社会や家族の一員として生活している人」と捉え、糖尿病と折り合いをつけながら、その人らしく生活していく事をお手伝いしていくためのパートナーとして活動しています。
当院では、教育入院や、フットケア外来、糖尿病教室、糖尿病透析予防なども実施しています。

糖尿病に関するちょっとした疑問や相談、悩み事など何でも良いです。ぜひご相談ください。

認知症看護認定看護師

活動内容・エキスパートをめざした理由

私は、急性期病棟で勤務していた。入院患者の多くは70~80歳代を占めており、緊急入院をする人は、認知症を合併しており、急な環境変化に適応できないことで、せん妄や心理・行動症状の出現に至っていた。又、緊急入院などの受け入れ時、その方に会う前からベッド上に抑制帯が広げられているような病棟の風土に疑問を感じていた。

私自身、看護師として、ナイチンゲール看護理論の「看護師の役割は、人間を取り巻く環境に働きかけ、対象の基本的ニーズの充足を通して、生命力の維持、増進に向けて援助すること」を大切に看護してきた。しかし、「抑制して当たり前」では、対象のニーズの充足には目を向けられず、その人の出来る能力、持っている力の縮小を看護師が行っていることの問題解決をしたい。その為に、自分自身が認知症の方、認知症を理解し、認知症の方の必要としているケアを根拠に基づいて看護するために、認知症看護認定看護師の資格を取得した。

現在は、身体疾患治療目的で入院する高齢者が、せん妄や心理・行動症状が出現することなく、安全・安心な環境の中で、治療継続が出来る。その為に、ここが安心できる場所、安心できる人を感じてもらう。そこで、認知症高齢者へ日々、心地良い刺激の提供を、実践モデルとなって行っている。又、認知症看護の質向上の為に、院内看護師の指導・相談を行っている。