看護部紹介

日野市立病院看護部ホームページトップ > 看護部紹介 > 活動方針

活動方針

看護部の理念

~自己決定を支える看護実践と安全で安心できる看護提供~

日野市立病院看護師は「患者さんの人格と権利を尊重し、患者さん・ご家族がご自分の受ける治療や看護を自己決定できるために必要な環境を準備しそれを支える看護実践」を提供いたします。
私たちは、そのために必要な安全で確かな看護実践能力、患者さんと信頼関係を築くために必要なコミュニケーションスキル、最善の看護ケアを提供するために求められる問題解決能力と交渉力など、絶えず自己研鑚していくことが求められています。これを実践することは、生命を預かる医療者として専門職に与えられた責務を果たし、安全で安心できる看護に繋がります。この看護を提供することで、2次救急医療・地域医療を提供する当院の役割に責任を持ちます。

看護部目標

  • 1.専門職として根拠に基づいた看護実践を通して、安全で安心、かつ効果的な看護を提供します
  • 2.看護師の倫理観と責務に基づき、患者権利を尊重したチーム医療を推進します
  • 3.自己啓発と看護研究などを通し、看護の質向上に貢献します
  • 4.自律した看護を実践するため、看護師の成長を支援します
  • 5.地域と連携しながら、急性期病院としての看護を提供します

活動方針 2018

  • 1.看護組織として病院改革プランを実現するために具体的方策を実践し、リーダーシップを発揮する
    • 1) 働きやすい職場作り
    • 2) 平成30年度病床利用率84.0%、入院診療単価50,100円、救急車受け入れ件数4000台、手術件数4,200件、全身麻酔件数1,600件達成
    • 3) 入院基本料7:1の安定維持
  • 2.看護の質向上に向けた取り組み
    • 1) 各部署目標達成支援:DiNQL活用による目標管理
    • 2) 看護管理者の育成:本質を理解し問題解決できる管理者育成
    • 3) 安全管理のできる看護師の育成
    • 4) 看護師個々の強みを活かしたキャリア開発支援
    • (1) 個々のキャリアパスに合わせた目標管理
    • (2) 認定看護師育成と活動支援
  • 3.地域看護との連携を充実させ、退院支援調整における課題解決への取り組み
    • 1) 入退院支援調整における課題解決
    • 2) 地域看護師との連携の仕組み作り