病院からのお知らせ

日野市立病院ホームページトップ > 病院からのお知らせ > 当院の新型コロナウイルス感染症対応について

当院の新型コロナウイルス感染症対応について

2020年8月17日

日野市立病院 院長 井上 宗信

患者様へのお知らせ

はじめに

 国内の新型コロナウイルス感染症の流行が始まって数ヶ月が経過し、緊急事態宣言が解除されるに至りました。
当院の方針にご協力いただいた患者様やそのご家族様の協力並びに地域の皆様のご支援があってのことと考えております。この場を借りて御礼申し上げます。
 現在、新型コロナウイルス感染症が再拡大している中、今後も患者様皆様に安心・安全に利用していただけるよう、診療体制を整えていく方針です。
 随時変更される内容を含みますが、現段階における当院の対応・対策の一部をご紹介させていただきます。

1. 新型コロナウイルス感染症の診療について

 当院は、東京都、日野市医師会及び地域の診療所と連携して新型コロナウイルス感染症診療を行っており、紹介の患者様を中心に対応を行っております。まずは、以下を参考の上、各機関にご連絡をお願い致します。

(1) 発熱、味覚障害等の症状があり、新型コロナウイルス感染症が心配な方

 ・お近くの診療所やかかりつけ医

 ・新型コロナ受診相談窓口

   平日日中: 電話 042-371-7661(南多摩保健所)

   休日夜間: 電話 03-5320-4592(都・特別区・八王子市・町田市合同電話相談センター)

(2) 症状はないものの新型コロナウイルス感染症が心配な方

  東京都新型コロナコールセンター:電話 0570-55-0571

2. 病院入口の制限と検温について

 当院では、院内感染を防ぐことを目的に、出入口を正面出入口一箇所に制限させていただき、全ての来院者の検温と病状確認を実施しております。必要がある場合には、発熱外来(後述)を受診していただき、対応させていただいております。ご不便をおかけしますが、皆様に安心して当院を受診していただくための取り組みでもあります。ご理解のほど、よろしくお願い致します。

3. 発熱外来の設置について

 発熱、咳嗽、呼吸苦などの症状をおもちの患者様には、院外に設置している発熱外来の受診をお願いしております。発熱外来では、新型コロナウイルスを含む感染症の可能性を評価し、必要に応じた検査を実施させていただきます。病状・検査結果によっては、院内の診療科に移動していただき、適切な対応をとらせていただきます。

4. PCR検査の実施について

 新型コロナウイルスのPCR検査は、患者様の希望で受けられる検査ではございません。
 医師が診察した上で、必要と判断した場合に実施させていただきます。

5. 面会の禁止について(令和2年3月2日より継続中)

 新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言が解除されましたが、今後も第2波、第3波の可能性に備え、入院患者様への面会を当面の間、原則禁止とさせていただきます。詳細はリンク先をご参照ください

当院の取組について

院内新型コロナウイルス対策本部会議 設置

 →日野市立病院として、関連する医療職、医療技術職、事務職等の多職種が集まり新型コロナウイルス感染対策を
  協議する場です。流行状況により開催回数を調整しています。

・新型コロナウイルス対策院内ワーキンググループ 設置

 →院内新型コロナウイルス対策本部会議等で課題となった点を更に関連する部署で検討する場です。
  診療・情報収集など14のワーキンググループを立ち上げています。

・正面玄関での検温測定・病状確認

 →職員による検温を実施しております。また、呼吸苦・咳嗽等の症状をお持ちの方には病状を確認させていただき、
  必要時に発熱外来へ誘導させていただいています。

写真1-1.jpg写真2-2.jpg

・発熱外来専用の仮設診療区画を整備

 →発熱外来の診察・待合の場として、冷暖房を備えた3棟のプレハブを設置しました。

写真3-3.jpg写真4-4.jpg 写真5-5.jpg

・病院職員の感染防止策を充実

 以下の方針を徹底しています。

 →登院前の検温、常時マスク装着(食事・飲水以外)、アルコールによる手指衛生
 →職員が接触者となった際、体調不良を起こした際の在宅勤務・自宅療養体制の整備
 →一人飯の徹底(間隔を開け、向かい合わないよう座席を調整)
 →院内での一般会議については、会議時間の短縮、席間隔をあける、換気に注意し実施
 →WEB会議を励行(特に他院・行政との会議において)
 →院外活動(帰宅後)での感染リスクと注意事項を随時通知

写真6-6.jpg写真7-7.jpg

 

・診療活動における感染防止策
 緊急入院を要するケースでは、入院前にPCR検査を実施し、入院病床を決定します。
 →手術検査の入院前にPCR及びCTの検査を実施し、院内感染防止を徹底しています。

・病棟内での感染防止策

 →新型コロナウイルスの流行状況に応じ、感染対策を徹底する専用病床を確保します。
 →当該病床は、一般の患者様が入院する病床とは区画が分けられており、人・物の移動を徹底管理しています。
  万全の感染対策を行っています。
 →面会禁止、デイルームの使用禁止を継続しています。ご協力お願い致します。
 →新型コロナウイルス感染症の患者様は、軽症・中等症の方を中心に治療を行っていますが、
  重症化された場合でも対応ができるよう人工呼吸器を整えています。

写真8-8.jpg写真9-9.jpg

近況について

 7月上旬、新型コロナウイルスの感染が確認された病院職員2名(医師・検査担当者)は、これまで3回のPCR検査を実施し、いずれも陰性であることが確認されました。
 なお、その他検査を実施した患者及び職員29名を含めた全職員に感染は確認されておりません。
 当院としては、職員ひとり一人が感染予防を徹底するとともに、外来及び病棟においても引き続き徹底した感染対策を行い診療にあたっていきます。

病院からのお知らせ一覧へ戻る