病院からのお知らせ

日野市立病院ホームページトップ > 病院からのお知らせ > 日野市立病院ハラスメント防止及び職場環境改善に関する第三者検討委員会の報告

病院からのお知らせ

  • 日野市立病院は日本医療機能評価機構認定病院です。

日野市立病院ハラスメント防止及び職場環境改善に関する第三者検討委員会の報告

2019年5月27日

日野市立病院で発生したハラスメント事案に関して、日野市立病院ハラスメント防止及び職場環境改善に関する第三者検討委員会より、市へ報告書が提出されました。再発防止策等は下記の通りです。

1.事案の概要

市立病院の臨床検査技師(51歳・男性)が長期にわたりハラスメント行為を繰り返していたとして、当該職員を平成30年10月26日付で懲戒免職処分としました。

2.委員会から提案された再発防止策
  • (1)臨床検査・病理検査部門
    • ①管理監督体制の改善・人材育成
    • ②配置転換・人間関係の流動化
  • (2)院内ハラスメント委員会
    • ①院内ハラスメント委員会の改編
    • ②相談員をより幅広い職層・職種で構成
    • ③委員および相談員への研修の充実
  • (3)職場環境改善
    • ①全職員へのハラスメント研修
    • ②継続的なアンケート調査
3.市立病院が実施する再発防止策
  • (1)臨床検査・病理検査部門体制の改善
  • (2)全職員へのハラスメント研修
  • (3)院内ハラスメント委員会の改編、相談体制の充実
  • (4)継続的な実態把握
  • (5)発生したハラスメントへの迅速な対応
4.市長のコメント

昨年10月26日、日野市立病院診療技術部臨床検査技師職員1名をハラスメント行為による懲戒免職としたことを公表いたしました。この事案の事実確認、管理監督責任など、客観的かつ公正な第三者の立場から検証を行い、再発防止の徹底を図るため、昨年12月14日、「日野市立病院ハラスメント防止及び職場環境改善に関する第三者検討委員会」を立ち上げました。8回にわたる検討の後、同委員会から検証の結果と再発防止策をまとめた報告書を提出していただきました。

今後は、この報告書の内容を踏まえ、関係者などの処分を検討するとともに、研修などを通して職員全体の意識改革を行い、ハラスメントを起こさせない環境を作ってまいります。また、ハラスメントの声が上がった時には迅速な対応が可能な体制を敷き、再発防止計画を策定いたします。

あらためて、病院職員や市民の皆様に大きな不安を与えたことをお詫び申し上げます。二度とこのようなことを起こさないために、再発防止計画を確実に実行し、市民の皆様からの信頼を回復するため、全庁を挙げて真摯に取り組んでまいります。

日野市長 大坪冬彦

5.報告書
6.お問い合わせ先

日野市立病院 経営企画室 TEL:042-581-2677

病院からのお知らせ一覧へ戻る